新宿区動物病院の花園動物病院は犬・猫・ウサギ・ハムスター・フェレット・小鳥を診察。

 5月になりました。ゴールデンウイーク中も金曜日を除き診療します。暖かくなるとカ、ノミ、ダニなどの昆虫・節足動物の活動が始まりますので、外部寄生虫の防除とフィラリア予防の対策を始める時期です。今年のフィラリア予防は5月上旬から始めて12月まで続けることをお薦めします。
 新宿区民の飼い主様を対象とする5月のペットなんでも無料相談は日曜日の午後3時から4時まで行います。


院長 獣医学博士(北海道大学) 東京農工大学獣医科元教授
金子賢一 2018年5月1日

2018/5/1
●フィラリア症
フィラリア症の予防薬を2018年5月4日から1ヶ月間隔で12月まで継続して投与すれば、東京における2018年のフィラリア症は完全に予防されます。・・・
→続きを読む
●狂犬病
2006年にフィリピンでイヌに咬まれた日本人2名が帰国後狂犬病を発症し、治療の効果なく死亡しました。・・・
→続きを読む
●ワンちゃんの心臓病
お宅のワンちゃん、変な咳をしませんか。一時的な運動麻痺が認められませんか。これらの症状は心臓病のサインの可能性が高いので、獣医師の診察を受けましょう・・・
→続きを読む
●ワンちゃんを殿様イヌにしない3つのポイント
ワンちゃんを殿様イヌにすると飼い主さんを威嚇し咬むようになります。人を威嚇・咬まない飼い方のポイントは3つです。
→続きを読む
●椎間板ヘルニア・変形性脊椎症
ワンちゃんが高いところから飛び降りたり階段を昇降した後に、後ろ足がもつれたり動かなくなったりすれば、椎間板ヘルニア・変形性脊椎症の可能性があります。
→続きを読む
●スマートフォンサイトを開設しました。
右下のQRコードからご利用いただけます。