新宿区動物病院の花園動物病院は犬・猫・ウサギ・ハムスター・フェレット・小鳥を診察。

 11月になって秋が深まると共にワンちゃん・ネコちゃん共に膀胱炎が発症し易いので引き続き注意が必要です。特に男の子のネコちゃんは膀胱炎から尿道閉塞を引き起こし易いので排尿チェックを怠らないようにお願いいたします。
 またこの時期、肥満のワンちゃんでは椎間板ヘルニアの発症率が高くなります。高いところから飛び降りた後に、後ろ脚が動かない、動かしにくいなどの症状があれば、出来るだけ早く獣医師の診察を受けましょう。発症後治療までの間隔が長くなると治癒する確率は低くなってしまいます。
 新宿区民の飼い主様を対象とする11月のペットなんでも無料相談は19日を除く日曜日の午後3時から4時まで行います。


院長 獣医学博士(北海道大学) 東京農工大学獣医科元教授
金子賢一 2017年11月6日

2017/11/6
●急に涼しくなる秋口から春まで膀胱炎にご注意
9月から3月まではワンちゃん・ネコちゃんの水分摂取量が減少するため、膀胱炎が発症し易くなります。
→続きを読む
●椎間板ヘルニア・変形性脊椎症
ワンちゃんが高いところから飛び降りたり階段を昇降した後に、後ろ足がもつれたり動かなくなったりすれば、椎間板ヘルニア・変形性脊椎症の可能性があります。
→続きを読む
●フィラリア症
フィラリア症の予防薬を2017年5月5日から1ヶ月間隔で12月まで継続して投与すれば、東京における2017年のフィラリア症は完全に予防されます。
→続きを読む
●スマートフォンサイトを開設しました。
右下のQRコードからご利用いただけます。